マイノリティで芽生えるもの

武蔵野美術大学

マイノリティで芽生えるもの

PEOPLEこの人に取材しました!

アバス・マリさん

静岡文化芸術大学3年

アバス・マリさんは、12歳のとき、言葉や文化も知らない状態でフィリピンから来日した。日本人の父と、フィリピン人の母をもつ。現在タガログ語とビサヤ語と英語と日本語ができる。
中学一年生の9月に日本の学校へ編入した彼女は、12歳から編入するまでの間もフィリピノナガイサで勉強をしていた。その後、日本で中学校、高校を経て、現在は、静岡文化芸術大学の国際文化学科に進学し、自分の経験を基に社会問題について積極的に学んでいる。

<フィリピノナガイサ>
静岡県浜松市にあるフィリピン支援団体。フィリピン人のための日本語教室、フィリピン人のこどもための教育支援、フィリピン人の日本での生活支援、国際交流活動事業等の活動を行っている。

フィリピノナガイサとの出会い

―アバスさんは日本語をフィリピノナガイサで学ばれたとお聞きしました。フィリピノナガイサについて教えてください。

わたしは、12歳のとき、お母さんと妹と来日しました。そのとき、お父さんが教育委員会に日本語が勉強できるところがないかと尋ねて紹介されたのが、フィリピノナガイサです。そこで中学校に入学する前に3ヶ月間勉強しました。中学校の間は土曜日だけずっと行っていました。日本語の勉強と学校の課題はそこで勉強していました。フィリピノナガイサでは勉強だけじゃなく、家族のことや友達のことも相談するようになって、そのおかげで大事な自分の居場所になっていきました。

高校生からはフィリピノナガイサでボランティアとして教える側に回り、そして今も続けています。自分が教える立場になって子供たちの悩みを聞くときは、自分の過去と重ねて、確かにわたしもこんなことあったなあって思ったりします。苦労があった分、わたしも乗り越えたよと生徒に対して教えることができています。

大学を卒業した後もボランティアを続けたい気持ちもあるけど、どうするか迷っています。わたしの後に入ってきた新しい子たちに受け継いでもらおうという気持ちもありますね。

恩師からの支え

―アバスさんがフィリピノナガイサに入った時に担当してくださった先生はどのような方だったのですか。

わたしのフィリピノナガイサでの恩師は日本人ですが、フィリピンに行ったことがあり、フィリピンと縁があったようです。その恩師がわたしを3年間担当してくれました。わたしが中学生の時、勉強のやる気がなくて。でもその恩師が「せめて高校は行けや!!」って言ってくれました。高校生になると、わたし、結構勉強できるかも、いけるじゃん!と調子に乗っていたら恩師が「大学行けばいいじゃん!!」って言ってくれました。言われた通りにやっているだけだったけど、恩師が信じてくれたからこそできたことです。恩師はわたしにいい影響を与えてくれました。

恩師とアバスさん

わたしだけのことかもしれないけれど、日本人が外国人に対して「もっとできるよ」って励ましてくれることは、やる気になります。わたしもっとできるって思えます。やっぱり、恩師とか知らない人とかが言ってくれたら、家族に励まされるのとは違うやる気になります。友達や家族としての関係で応援するっていうわけではなく、わたしの実力を見て判断して背中を押してくれたのだと感じます。

フィリピノナガイサで活動する時、恩師のわたしにしてくれたような対応ができるように意識しています。12月になると外国人特別枠*を受けて高校に入る人もいるので、その子たちの試験内容の作文の添削や面接の手助けをしています。恩師がしてくれていたみたいな手助けになっているといいなと思います。

*外国人特別枠は公立高校入試において特定の外国人生徒に用意された入学枠で、一般枠入試とは異なる試験方法で生徒を選抜し、入学後も必要な教育支援を提供するものである。

ただ、今後も手助けをしていきたいと考えていますが、今、ちょうど就活中で迷っています。このまま日本にいて活動を続けるのも、大学の勉強を活かして海外で活動するのもいいかなと思います。でも今は、なんとかその2つを組み合わせられたらいいなと思っています。人の助けにもなりながら、自分が大学で学んだことも活かして活動ができるような状態になれることが理想ですね。

大学で学んでいること

―国際文化学科に進まれたことはどんな経緯ですか。

元々、化学が好きでフィリピンにいた時は薬剤師になりたかったけど、日本に来て、大学受験もして、大学で何年間かの勉強もしてって考えたらちょっとわたしには無理だと思いました。なので、その薬剤師の夢を諦めて国際文化学科に来ました。高校2年生の時に英検をとったとき、嬉しかった記憶があって、今自分ができる言語が活かせるのは国際関係かなって。

大学に通うようになって、国際文化学科での勉強も大変ですが、レポートを書くときに日本語がネイティブではないので大変です。学術的なことをいきなり書いてと言われても、いつも1週間かかるので苦労します。一方でより意識するようになったのは社会の問題です。特にアメリカとかでアジアンヘイトなどが流行っていて、そういうことに気づくようになりました。大学生になってから社会問題に対する意識が高まって、それを改善しようとする感情も気持ちも強くなったかなと思います。なので、大学生になって文化とか勉強とか、そういうものを同時進行で両方学んで行っています。

大学の友だちとアバスさん(右)

―今後、大学でもっと学びたいことはなんですか?

今は多文化共生についてもっと学びたいかな。大学で「国際労働力移動論」という授業があって、すごく興味深いです。差別などの社会問題について、そこでわかる。たとえば、技能実習生は3年間など短い契約期間で、いろんな問題があります。技能実習とは名ばかりで安い給料で雇える労働力というイメージが強くて、労働環境の悪いところも多いです。それは駄目だと、働いてもらっているからフェアな取引をするべきだという議論があります。

また、日本は移民政策がないのですが、少子高齢化が進み、日本の政府は移民政策と呼ばないで外国人を呼び込もうとしています。それで、技能実習生などを海外から呼び込もうと言う人もいれば、全然外国人はいらないから母国に帰れというような運動もあります。そういう外国人に対する問題を勉強しています。

他には移民とか国際機関、SDGsやフェアトレードなどにも興味があります。そういう社会問題のことを引き続き勉強していきたいですね。あとは国際協力とかにも関心がある。わたしが国際関係のことを学びたいと思ったのは、多文化共生と移民については自分の経験があるし、個人的な経験を軸にして勉強したいと思ったからです。SDGsやフェアトレードについてはわたしのゼミの先生がフェアトレードについて扱っていたので。最初は単に自分は英語が得意だから国際系に関心があったんだけど、学ぶうちにSDGsとか様々な問題を知っていきました。他にも、わたしは結構女性の権力の問題にも積極的で、男性ができていることは、女性もできるよと伝えたいです。制限なしで女性が活動できればいいなってと思って。そういう思いが強くて。

―女性の権利関係について関心を持ったきっかけとなる自分の経験はありますか?

フィリピンの文化かな。フィリピンは、お父さんが絶対みたいな感じ。お父さんは絶対の存在でお母さんはそれを支える存在で。日本もまだそうかな。それはそれでいいけれど、フィリピンでは、シングルマザーがたくさんいて、わたしの周りにもたくさんいます。なんか、男のせいじゃなくて、男にがっかりしていた、みたいな。なんかそういう感情を抱いていた。女性ならこんなことできるのにーって。

マイノリティ経験について

―アバスさんのマイノリティ経験について教えてください。

日本に来て最初に感じたのが外国人みたいな顔をしているから、それに対する差別かな。外国人は一応日本の中ではマイノリティになるので。外国人ってだけでバイトでも変に踏み込まれたことを聞かれたりして。ここは外国人は駄目だよと言われたり、バイトをしても、どこの国の人ですか聞かれたり。別に聞かなくてもいいでしょうと思ったりしましたね。

就活においても、生まれは違うところだけど育ちは日本で日本の子どもたちと同じ経験、日本の文化の中で教育を受けてきている。でも外国人という点だけで採用されないっていうのは残念だなあと思います。少子高齢化が進んでいるなか、同じように戦力として扱ってほしいです。

―アバスさんの今後について教えてください。

わたしは今、日本で帰化しようとしています。就活でも、カタカナの名前というだけで不利になるので。帰化**したら国籍も変わるし、苗字とか名前を漢字にすることもできるから。そうしたら、少しでも不利なことが減らせるかなと考えています。

**外国籍を持つ方が日本国籍を取得すること。

子どもの頃のアバスさん

フィリピンの国籍がなくなってしまうことでフィリピンに自由に行き来することができなくなるなあと思ったけれど、それは多分書類上だけなので。自分の中のフィリピンである部分がなくなったっていうわけではないですから。お母さんはフィリピン人だからいつでも、フィリピンを感じられます。ただ、まだ日本に来てからフィリピンに帰っていないので、とても行きたいですね。

―フィリピンの経験とか、今の日本での経験の中で、そこの権利問題などに関心があるのですか?

そうそう。わたしとても社会問題とかに興味あって。掘り下げるほど、熱くなっちゃう。これは何とかできそうなのに!みたいな感じで、より良くしたいという気持ちが強いです。

小さい頃は全然そんなことを考えてなくてなかったのだけど、やっぱり、マイノリティの立場に立つことになったらそこで社会問題に対する意識が高まるかなと思いますね。マジョリティに置かれたら、そのマジョリティ社会で生活しているから、マジョリティ以外のことの何か社会問題とか考えない、そこで満足してしまうからね。

そのマジョリティの中で、一歩でもマイノリティの立場になるようなコミュニティに踏み出したら、自分もそうなったら何かこんなことあればいいのにみたいな自分で希望を持つことになるの。

マイノリティになることは、全く問題がないわけではない。でも、その中でより良い、こんなことすればより良くなるじゃんっていう考えが芽生えるかなと。そして、その芽生えをきっかけにできる。今から少しずつ自分のスケールを広げて行って、フィリピンだけでなく他の国でも活動し、社会の様々な問題も視野に入れて解決していきたいです。

(インタビュー:2022年6月)

Related Articles関連記事

移動する人々

NEW!

中東を知る、ニッチに生きる

移動する人々

中東を知る、ニッチに生きる

英国王立国際問題研究所勤務(国際協力銀行より出向)
玉木直季さん

私たちの身の回りにあるエネルギーの多くは中東から来ている。例えば原油の9割以上をサウジアラビアやUAEをはじめとする中東諸国に依存している。日本が資源を確保し続けることができるようにするには、相手国の政府や国営企業と交渉を重ね信頼関係を構築…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

移動に魅せられ、見つけた自由

移動する人々

移動に魅せられ、見つけた自由

日本語教師
片山恵さん

北海道出身。過去には、オーストラリア、フィリピン、アメリカ、ブラジルで生活した経験をもつ。現在は国際交流基金ブダペスト日本文化センターに勤務しており、ハンガリーに在住。海外での日本語教育の他に日本語教育者育成にも携わっている。 また、海…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

フィリピンと日本の架け橋になる

移動する人々

フィリピンと日本の架け橋になる

東京外国語大学 世界言語社会教育センター 特任講師
Palma Gil Florinda(パルマ ヒル フロリンダ)さん

現在東京外国語大学でフィリピン語を教えている。1997年から2002年までフィリピン大学言語学学科で学ぶ。その後、日本語教師として活動。2017年からは来日し、日本で暮らしながらフィリピン教育に専攻を変えた。日本とフィリピンとの架け橋として…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

一番チャレンジできる場所へ〜社会課題をアートで突破

移動する人々

一番チャレンジできる場所へ〜社会課題をアートで突破

NPO法人アーツセンターあきた 事務局長
三富章恵(みとみ ゆきえ)さん

NPO法人アーツセンターあきた事務局長としてアートと地域を結ぶ活動をされている三富章恵さん、このアーツセンターあきたに来るまでにフィリピンの国際交流基金などで活躍されていました。なぜ海外に行くことになったのか、そこからなぜ秋田に移動なさった…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

仕事は人と人のつながり〜中国で電子辞書を売ったプロフェッショナル

移動する人々

仕事は人と人のつながり〜中国で電子辞書を売ったプロフェッショナル

行政書士吉田国際法務事務所、元カシオ中国支社社長
吉田修作さん

学生時代のアメリカ研修ツアーをきっかけに、国際的な仕事に興味を持った吉田修作さん。そして、大手電子製品会社カシオに就職。その後努力が功を成し、カシオの中国支社社長にまで就任。そしてカシオ製品で有名な電子辞書の企画・販売に携わるなど優れた功績…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

幸せの循環を支えるために

移動する人々

幸せの循環を支えるために

文化庁国語課 日本語教育調査官
松井孝浩さん

地域の日本語教室でのボランティア経験をきっかけに日本語教師としてタイやフィリピンに赴任。横浜市の多文化共生に関する施設での勤務を経て、現在は、文化庁国語課に勤務。海外を訪れて感じた「言語」という壁に対して、松井さんが行った活動やその活動のお…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

自分が自分のベストフレンドであること

移動する人々

自分が自分のベストフレンドであること

社会起業家・講演家・エッセイスト・motomoto sri soul 代表
髙橋 素子さん

偶然が重なり、自分の心の赴くままにスリランカへ二週間の一人旅。その後、直感だけを信じ電撃結婚。そしてスリランカへ移住。2019年から、現地で個人旅行やアーユルヴェーダ※の手配、日本人向けのライフコンサルティング、自己肯定感をUPする子どもオ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

Be Myself―日本語教師からカフェバリスタへ!

移動する人々

Be Myself―日本語教師からカフェバリスタへ!

Japan Australia Life Company最高経営責任者/ ZeeCaf. Nosh Co.オーナーバリスタ/日本語教師/トラウマヒーラー
尾島ヴァンダメイ幸香さん

オーストラリアへ渡りJapan Australia Life Company(JALC)の主任として日本語講座、日本語教師養成講座を開講。多くの生徒との関わりの中で、トラウマヒーラーとしても活躍する。そして2017年、シェフである夫リックさ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学

成長して自由になる

移動する人々

成長して自由になる

異文化ナビゲーター
玉利ドーラさん

玉利ドーラさんは、クロアチア人の父と日本人の母をもつ。クロアチアで生まれ、その後、難民としてドイツと日本へ移住、その後、日本を始め、8カ国での生活経験を持ち、現在は、フリーランスで、異文化ナビゲーターとして活動中。私たちは、そんな玉利さんの…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

口で筆を掴む 

移動する人々

口で筆を掴む 

画家
古小路浩典さん

中学3年生のとき体操クラブ活動中の事故で頸椎を損傷し、手術·リハビリ後も手足の機能は回復しませんでした。入院期間中に『口と足で描く芸術家協会』(注)を知ってから、自分も口に筆を咥えて絵を描き、個展を開催するようになりました。そこで、古小路さ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学

価値観の共有への第一歩はお互いを知ること

移動する人々

価値観の共有への第一歩はお互いを知ること

日本通訳翻訳センター 代表取締役
綱島延明さん

綱島さんは「中国残留婦人」*3世だ。1990年に父母と共に祖母の郷里、長野県穂高町に移住した。多感な学生時代を経験し、2010年に日本通訳翻訳センターを立ち上げた。「中国残留孤児」支援活動などに参加し日中間のトラブルを身近に感じてきた綱島さ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

時間をデザインする教育者

移動する人々

時間をデザインする教育者

小鹿野町地域おこし協力隊
宇佐川拓郎さん

「遊びを考え、巻き込むことが大好き」。北海道生まれ。東京の大学を目指して上京。小学校と特別支援学校で5年ほど教員をしたとき、学校教育の理想と現実のギャップを目の当たりにする。一度、自分のいる教育環境を離れて見ると共に、自分なりの教育へのアプ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

日本からブラジルへ~「運がいい」の連続!

移動する人々

日本からブラジルへ~「運がいい」の連続!

横溝みえさん

ブラジルのサンパウロ州の隣にあるマイリポラン市に滞在しています。2005年に初めてボランティアで JICA日系社会青年ボランティアの日本語教師としてブラジルに移動し、2年間活動しました。その後、2007年に日本に帰り、また2008年、ブラジ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

多様性で撮る、多様性を撮る

移動する人々

多様性で撮る、多様性を撮る

映画監督、映像ディレクター
小川 和也さん

東京ビジュアルアーツ映画学科卒業後、アメリカのSchool of Visual Artsの監督コースに編入。5年間をアメリカで過ごした後、イタリア・トスカーナ地方のスベレートに移住。日本とイタリアがプロダクション、撮影地はパレスチナとイスラ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学