タグ: 東京

年を選ぶ:

個々の夢を叶えてくれるカフェ

社会

個性の光る街・西荻

個々の夢を叶えてくれるカフェ

「KOKOPLUS」オーナー
井出あかりさん

西荻窪にある特別なコワーキングスペース「KOKOPLUS」。ここには、一般的なコワーキングスペースにはないカフェが設置されている。時にはイベントも行われる。そこのオーナーである井出あかりさんは、会社員時代を経て、2019年にKOKOPLUS…(続きを見る)

私たちが
取材しました

東京女子大学

成長して自由になる

移住

移動する人々

成長して自由になる

異文化ナビゲーター
玉利ドーラさん

玉利ドーラさんは、クロアチア人の父と日本人の母をもつ。クロアチアで生まれ、その後、難民としてドイツと日本へ移住、その後、日本を始め、8カ国での生活経験を持ち、現在は、フリーランスで、異文化ナビゲーターとして活動中。私たちは、そんな玉利さんの…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

口で筆を掴む 

移住

移動する人々

口で筆を掴む 

画家
古小路浩典さん

中学3年生のとき体操クラブ活動中の事故で頸椎を損傷し、手術·リハビリ後も手足の機能は回復しませんでした。入院期間中に『口と足で描く芸術家協会』(注)を知ってから、自分も口に筆を咥えて絵を描き、個展を開催するようになりました。そこで、古小路さ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学

誰かの幸せに繋がるデザイナー

社会

個性の光る街・西荻

誰かの幸せに繋がるデザイナー

フリーデザイナー
工藤拓志

工藤拓志さんは、会社員として商業施設のポスターやチラシ等のデザインを担当した後、現在、フリーのデザイナーとして活動しています。プライベート作品をHPに掲載したり、杉並区をはじめ多くの地域で福祉活動のポスターを作ったりしています。なぜ、フリー…(続きを見る)

私たちが
取材しました

東京女子大学

多様性で撮る、多様性を撮る

移住

移動する人々

多様性で撮る、多様性を撮る

映画監督、映像ディレクター
小川 和也さん

東京ビジュアルアーツ映画学科卒業後、アメリカのSchool of Visual Artsの監督コースに編入。5年間をアメリカで過ごした後、イタリア・トスカーナ地方のスベレートに移住。日本とイタリアがプロダクション、撮影地はパレスチナとイスラ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

武蔵野美術大学

編集者―鏡のような、拡声器のような

社会

個性の光る街・西荻

編集者―鏡のような、拡声器のような

ダイヤモンド社編集者
廣畑達也さん

廣畑さんは出版社ダイヤモンド社の編集者として、2008年からこれまでに合計71冊の本を編集した。書籍を中心に、人と人の関係性まで幅広く編んでいく編集者であり、ウェブ、デジタルで幅広く活動している。 廣畑さんは、大学生時代の書店でのアルバイ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

東京女子大学

目で見るビタミン~ロシアの絵本

社会

個性の光る街・西荻

目で見るビタミン~ロシアの絵本

出版社カランダーシ代表
上野直子さん

上野さんは一人で東京・西荻という町でこじんまりしたロシア絵本の出版社カランダーシを経営しています。また、ロシア絵本を実際に見てもらうために、カランダーシの部屋でオープンルームを開催しています(現在はコロナの影響でオンライン開催になり、要予約…(続きを見る)

私たちが
取材しました

東京女子大学

「日本に来てよかった」そう思えるように

社会

境界線を越えて協働する

「日本に来てよかった」そう思えるように

株式会社ジャフプラザ 営業本部長
菊野英央さん

株式会社ジャフプラザは主に、ゲストハウス(J&F House)の運営・管理、仲介業、外国人向け不動産の物件紹介サイト運営を行っています。今回はその中でも、様々な国の外国人と日本人が共同生活しているゲストハウス(J&F House)に注目しま…(続きを見る)

私たちが
取材しました

法政大学

アートを通してつながる世界~Kids helping Kids~

社会

境界線を越えて協働する

アートを通してつながる世界~Kids helping Kids~

子供地球基金代表
鳥居晴美さん

息子さんのために作った小さな幼稚園から始まった「子供地球基金」。創設以来40か国以上の国々に足を運び、世界中で絵を描くワークショップを行い表現することの大切さを伝え、子どもたちの思いを文化や国境を超えたメッセージとして発信している。アートを…(続きを見る)

私たちが
取材しました

法政大学

やさしい日本語でつなぐ外国人との絆

社会

境界線を越えて協働する

やさしい日本語でつなぐ外国人との絆

日本語教師・一般社団法人やさしいコミュニケーション協会代表 
黒田友子さん

皆さんは、やさしい日本語を知っていますか。やさしい日本語とは、日本で暮らす外国人にとってわかりやすい日本語であり、外国人へ情報伝達の方法として誕生した言葉です。現在のコロナ禍でも、日本には多くの外国人が住んでおり、情報を必要としている人々が…(続きを見る)

私たちが
取材しました

法政大学