ドイツのクリスマス・マーケットの紹介動画を作成する

ドイツのクリスマス・マーケットの紹介動画を作成する

齊藤公輔(さいとう  こうすけ)

齊藤公輔(さいとう こうすけ)

「めやす」マスター研修2014、事前課題として報告された実践プラン。ドイツのクリスマス・マーケットを模した催しが日本各地で流行るなか、ドイツのクリスマス・マーケットについて紹介する動画を作るという、語学の学びとIT技術の訓練が一体化した活動としてデザインし、クリスマスが近づく頃に実践。

2014年6月30日 コメント数1件

Category

言語
  • ドイツ語
対象
  • 大学生
活動タイプ
  • 作品制作
  • 資料調査
  • 鑑賞
アウトプット
  • 動画作品
話題分野

Tags

  • クリスマスマーケット
  • ナレーション
  • 撮影
  • 編集

Download

単元目標

<場面状況>
ドイツのクリスマス・マーケットを模した催しは、近年日本各地で見られるようになってきた。そこで、ドイツのクリスマス・マーケットについてグループごとに調べ、ドイツ語で紹介することとした。

インタビュー

このプランは実践したものですか。
実践してみようと思ったものですか。
実現の可能性はありますか。

実施したものです。

どうしてこのプランを作ろうと思ったのですか。
発想の原点はなんですか 。

ICT技術の訓練と語学学習を組み合わせたいと考えました。実施時期が11月だったので、季節ものとしてクリスマスをテーマにしました。

実践してみて生徒の反応はどうですか。
実践していない場合、生徒のどんな反応が予想され、または期待していますか。

クリスマス文化について積極的に調べたり、楽しい台本を作ったりと、様々な主体的活動がありました。

このプランに対する自己評価を教えて下さい。
また、学習のめやすを取り入れた授業を試みるにあたって、どんな課題や効果があると思いますか。

肯定的に評価しています。グループ活動の中で個々の得意分野を発揮しながら取り組んでいました。ただ、グループ内やグループ間で積極性に差があったので、そこを埋める工夫が必要だとも感じました。

同業者仲間に向けて、ワンポイントアドバイスや感想を一言お願いします。

一緒に『めやす』の使い方を考えながら、より良い授業を目指しましょう。

執筆者

齊藤公輔(さいとう  こうすけ)

齊藤公輔(さいとう こうすけ)

「外国語学習のめやす」マスター研修の修了者(2014)。参加当時、中京大学准教授。

齊藤公輔(さいとう こうすけ)の記事リスト

Top