きんじさんのキッチン

きんじさんのキッチン

PEOPLEこの人に取材しました!

浜田勤士さん

寿司シェフ、レストラン「きんじ」のオーナーシェフ

「日本食レストランきんじ」のオーナーシェフであるきんじさんに、ニュージーランドへの移住や転機について、そして夢を実現する時に直面した困難や達成感、日本と現在のライフスタイルについてお話を聞きました。

バックグラウンド

Q: 日本のどちらから来ましたか?

日本の奈良県から来ました。古い街ですが、大阪や京都と隣り合わせの県です。

Q: 奈良はどんなところですか?

古い街ですから神社がいっぱいあって、京都みたいな街です。1300年前は日本の首都でした。

Q: 料理に初めて興味を持ったのはいつでしたか。なぜシェフになったのですか?

18才で高校を卒業してすぐ寿司レストランで働き始めたので、その時から興味を持ちました。料理と寿司が好きだったことが寿司シェフになった理由です。

ニュージーランドへの移住・転機

Q: いつニュージーランドに移住しましたか? また、その理由は何ですか?

2000年に移住しましたが、1997年にワーキングホリデーで初めてニュージーランドに来ました。ワーキングホリデーの後に日本に帰国し、その後ワークビザを取得して2000年にニュージーランドに帰って来ました。

Q: なぜニュージーランドに来たかったのですか?

日本では会社まで30分も40分も満員電車に乗って行っていました。

ニュージーランドの生活はゆっくりしていますね。
そこにライフスタイルと働き方の違いがあると思います。僕はシェフなので日本では一日の労働時間が15時間で、とても長かったです。日本では「仕事のために生きている」みたいな感覚でした。ニュージーランドはなんかもっと「生きるために仕事している」という感じがいいと思ったので移住を決めました。

Q: 初めてニュージーランドに来た時に受けた最大のカルチャーショックは何でしたか?

一番初めの印象はすごく人が少ないということでした。それから、レストランとかお店がすごく早く閉まります。日本ではローソンなどのコンビニエンスストアは24時間営業ですから、ニュージーランドに来てびっくりしました。

Q: ワーキングホリデーではテカポで働いていたそうですが、テカポにはどんな印象を持っていましたか。

テカポでは、日本食レストランで働きました。それまでそんな小さい町に住んだことがなかったので、テカポはすごく田舎だというのが最初の印象でした。田舎で湖がとてもきれいでいいところです。

Q: その印象は変わりましたか?

今もテカポはすごくいいところだと思います。そこの生活は本当によかったです。

Q: 移住を考えて、日本に住んでいた時の夢は何でしたか?

自分のレストランをオープンするというのが自分の夢でした。

Q: 移住した後の夢は何でしたか?

自分が学んだお寿司を作ったりする技術をニュージーランドで広めていくことです。

Q: ニュージーランドに移住してその夢を達成したように感じますか?

もう十二年ぐらい店を経営しているのですが、クライストチャーチにも大きな地震があり、地震の被害のためにお店もなくなってしまいました。でも、今もこうして日本食のレストランを続けることができています。そして、日本の文化とレストランの文化をニュージーランドに広めていると思っています。

Q: レストランの仕事で、一番好きなことは何ですか?

お料理を作ってお客さんに喜んでもらったり、感謝してもらったりする時、やり甲斐を感じるので、それが一番好きなことですね。

Q: 今のお気持ちは、日本に住んでいた時と比べてどのように違いますか?

移住するというのは最初やっぱりすごく不安でしたね。父や母を残してくるわけですからね。大変だったけど今振り返るとすごくよかったです。その時は結婚していたのでパートナーとニュージーランドに来て、子供もここで生まれました。子供たちが日本で育っていたらぜんぜん違うと思うので、すごくよかったと思います。

Q: ニュージーランドに移住したことで、きんじさんの人生はどのように変わりましたか?

日本にいるとすごく仕事ばっかりなんですね。NZは仕事とお休みのバランスがすごくいいです。しっかり働いて休むっていうことがけっこうできるので、子育てもパートナーと一緒にできます。日本にいた時は僕の父は仕事に行って、母だけが家事をしてすごく大変でした。小さい頃、父が仕事から帰って来る時間には僕たちは寝ていましたから、あまり話をすることがなかったです。ニュージーランドは時間が有意義に使えるのですごくいいと思いました。バランスが良くて、やっぱり自分の人生の中では良い選択をしたと思っています。

(インタビュー:2020年4月)

Related Articles関連記事

移住 カンタベリー大学