学生が楽しく日々を送るために

学生が楽しく日々を送るために

PEOPLEこの人に取材しました!

秋本美里さん

愛知県立大学 多言語学習センター(iCoToBa)スタッフ

愛知県立大学の多言語学習センター(iCoToBa)に勤務している秋本美里さんに仕事のことについて、留学生と接していて楽しいこと、留学生に伝えたいことなどをインタビューしました。

iCoToBaとは

iCoToBaは2013年の4月にできました。それまで県大にはこのような施設はありませんでした。iCoToBaは多言語学習センターなんですが、この施設の名前にはいろいろな願いがこめられています。iは大学名の最初の文字の「愛(あい)」ですが、「I」とindependent、Coはcommunication、community、cooperation、Toはtogether、to、Baは「場所」人々が出会い、つどう場という意味です。国や学部や学年に関わらず、いろいろな人が集まって、一緒に学び、人とつながって、さらに世界につながるきっかけをみつけてもらいたいと願ってつくられた施設です。

仕事内容

大学で働く時間は朝9時から午後4時までで、iCoToBaの受付をしています。お昼休憩は11時半から12時半までで1時間あります。iCoToBaで講座があるので、講座の募集とか、名簿を作ったりとか、あと、ホームページを更新したり、iCoToBaで留学生が仕事をしてくれるので、その関連の仕事をしています。たくさんありますね、やることは。

仕事に就いたきっかけ

きっかけは内容が自分に合っていたので、応募してみました。留学生と接する機会があるとあって、少し私も英語とか他の言葉も覚えたいなあと思いました。自分のためにもなるかなと思って。ここの仕事に就く2ヶ月前まで、アメリカに駐在していたんですね。その時にすごくいろんなことで困ったりとかして、でも周りのたくさんの人に助けてもらったんです。ここで留学生とかが知らない土地に来て困ったりとか、ここから留学に行く子とか、みんなにアドバイスができたらいいなと思って。それともう一つ、家から近いからです(笑)。自分に向いていることもありますし、家から近いのもありますから、応募してみたいなと思いました。

仕事をしていてよかったこと

この仕事をしていて、学生さんとか留学生の方とかとたくさんお話できていろいろ勉強になっています。あと、何かその子たちの力になってあげることができてるかなと思って、お礼を言われたりとか、そういったことは嬉しいことです。よかった、その子たちのためになれると嬉しいなと思います。なんか、ここのお母さんみたいですね。毎日みんなの顔を見ているだけで嬉しいなと思っています。今、学生さんたちが何かを悩んでいるとか、こういうことが今流行っているとかを聞いていると楽しい気持ちになってきます。おもしろくなって楽しいです。いろんな国の文化があるから、へー、そうなんだと思うこととかね、当たり前のことが当たり前じゃなかったこともあるから、おもしろいですよね。みんな、留学生は楽しそうにしてるし、何とか日本の食材で自分の国の食事を作ってる感じ、お弁当とか持ってきて。なんかそれがすごいなと思っています。でもやっぱり日本人の学生と留学生が仲良く、いろんなことを話してたり、ここで友達になってそれからどんどん続いていっているのがいいなぁと思っています。

仕事をしていて困ったこと

日本語も英語もまだ上手に話せない人とのコミュニケーションに困ったなと思っています。どうしたら伝わるかなとか、身ぶり手ぶりで伝えてみたり、英語と日本語以外は私ができないので、他の方に助けてもらったりして、やっぱり困ったなぁと思いました。知らない、喋れない言語の人と接するのは難しいなと思います。でも、最初は大変だったんですが、だんだん慣れてきたので、そこまで困ることはないんです。あと、ご飯を食べる時間がちょっと遅くなったりとか、イベントがあるとご飯を食べるのは3時になっちゃったこともよくあります。それぐらいです。あとは大丈夫です。

留学生へのメッセージ

日々勉強なんですが、みんなにも、学生と留学生にも助けてもらいながらやっています。できたら何でも相談してください。何か本当にみんなの力になれればいいなと思ってやっていますので。何か困ったことがあったら言ってください。慣れないところで寂しかったり、難しいとかわからないこととか、生活の中でもいろいろあると思うんだけど、1人で抱えてないで、友達とか大学の人とかに相談したら、みんないろいろ教えてくれるから、とにかく、1人で悩まないで、いろんな人に声をかけてみたらいいなと思っています。楽しい日本の生活を送ってほしいです。帰った時に日本は楽しかったって言ってもらえるように。

(インタビュー:2019年12月)

Related Articles関連記事

人が集う場所 愛知県立大学