公益財団法人国際文化フォーラム

りんごをかじろう報告

生徒も保護者も一緒に世界の言語と文化を知ろう

これから「隣語」を学ぼうとする人の背中をそっと押す。中高生だけでなく、先生方や保護者の方にも、さまざまな言語や文化にふれてもらおうと、この講座が開かれました。
東京都立杉並総合高等学校では、生徒、先生、保護者に集まっていただき、落語家の三遊亭楽生師匠による「落語×中国語」をテーマにした講演を開催。「グローバル時代の伝え方」をキーワードに声の出し方や話し方を語っていただきました。
先生、保護者の方にも“学びの先にある景色”を見てもらうことで、生徒たちの可能性がより大きくなるのです。

事業データ

世界の言語と文化を知ろう!(第4回)「落語×中国語=グローバル時代の人へのものの伝えかた」

期日

2017年11月25日(土)

場所

東京

主催

東京都高等学校総合学科教育研究会、TJF

助成

漢語橋基金

協力

東京都立杉並総合高等学校PTA

講師

三遊亭楽生師匠

参加者

高校教師、保護者、中学生、高校生、計32名

※事業報告書『CoReCa2017-2018』に掲載。所属・肩書きは事業実施時のもの。