メールマガジン登録

newsletter

「新しい記事が掲載されたら連絡してほしい!」
「忙しいから後で読もうと思ってブックマークしたけれど、いつも忘れちゃう」
「他の先生たちがどうやってこのサイトを活用しているのか知りたい」

そんな先生方のために電子メールマガジン「Click Nippon News」を発行しています。

メルマガ登録はこちら

新しい記事が掲載されたとき、メールでお知らせします。
メールに記載されたリンクをクリックするとすぐ記事を読むことができます!
授業で、最近の日本について話題にしたいとき役立ちます!
たとえば、「1/365」コーナーでは日本の若い人たちが年中行事や学校行事をレポートしています。メルマガで最新記事のお知らせが届いたら「今の季節、日本の高校生はこんなふうに過ごしているよ!」と授業で話題にするのはいかがでしょうか。
「先生コーナー」の更新情報を知ることができるのはこのメルマガだけです!
「めいきんぐ★授業」コーナーには、日本語を学ぶことを通じて21世紀を生きる力を生徒に身につけてほしいと願う先生方のエッセーを掲載しています。
「くりっくにっぽん活用術」にはこのサイトに掲載された記事を活用するクラスアイディアを掲載しています。
くりっくにっぽんの活用例を共有できます!
記事を授業でどんなふうに活用したか、生徒の反応はどうだったか、clicknippon@tjf.or.jpまでメールで体験談をお寄せください。できるだけ多くの先生方の声をメルマガでご紹介していきます。

ウェブサイトくりっくにっぽんは、いつも先生方と一緒に歩みます!
ぜひメルマガに登録し、授業準備のパートナーとして、また日本についての知的好奇心をそそる読み物として、このサイトをご活用ください。

メルマガ登録はこちら

バックナンバー

2019年05月16日配信号

【Click Nippon News】 "Ko So A Do Gurun," a community activity support center in Yokohama

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

Click Nippon News
May 16, 2019

【1】Be active with heartfelt support
暖かく活動し見守る

【2】Suggested class activities
学習活動のヒント

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

【1】Be active with heartfelt support

This issue features an article about "Ko So A Do Gurun," a community activity support center in Yokohama. The center is a place where people with disabilities work that supports them to be a part of society. "Ko So A Do Gurun" stands for a message of inclusivity that embraces "koko - us," "soko - people around us," "asoko - the local community" and "doko - anywhere, everywhere." At this center, all these groups can meet and join together - "gurun" (as if in a circle). Tanaka Lau Andrea Namie, a university student from Yokohama National University, interviewed Ms. Ogawa, the director of "Ko So A Do Gurun," about its activities.
The article is rewritten to make it easier to use in the classroom.


The abridged article is here.
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/05/handout_20190515.pdf

See the original article here.
http://www.tjf.or.jp/tokimeki/category/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6/hito/


【2】Suggested class activities

1. Questions to help students' comprehension

a) Where is Ms. Tanaka from?

b) What surprised Ms. Tanaka?

c) What did Ms. Tanaka do in response to the surprise?

d) Whose and what kind of wishes created "Ko So A Do Gurun" ?

e) Explain the purpose (aim) of "Ko So A Do Gurun."

f) To inform people about "Ko So A Do Gurun," what do they do?

g) How do the local people contribute to inform people about "Ko So A Do Gurun"?

h) When does Ms. Ogawa feel happy to be involved in "Ko So A Do Gurun"?


2. Discussion points

i) Ms. Tanaka used「方々」not「人たち」. Why do you think she chose this word?

j) Ms. Tanaka says 「だれかのために活動することは何よりも満たされることだ。自分以外をよろこばせる幸せ」. Have you ever felt such joy or happiness? When did you feel it? Share your experience with your classmates.


3. Creative tasks

k) Inspired by this interview, imagine that Ms. Tanaka decides to work as a volunteer at "Ko So A Do Gurun" every Saturday. Write an email to Ms. Ogawa from Ms. Tanaka's standpoint. Include the expression of gratitude and what she thought after the interview. (about 400 ji)

l) Complete the dialogue below using the information from the article.

A:「こそあど ぐるん」は、何年にできましたか。
B:____________________________________

A:「こそあど ぐるん」は、どんなメニューがありますか。
B:____________________________________

A: ちかてつの駅から、「こそあど ぐるん」に行きたいのですが、どう行けばいいですか。
B:____________________________________

_____________________________________
※See the map in the abridged article.
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/05/handout_20190515.pdf


Grammar patterns used in this article
・ ~と思う
・ ~時
・ ~やすい
・ ~と言う
・ ~のため(に)
・ ~こと
・ ~てくれる

Relative clause
・ ~から(Reason)
・ ~たり~たり
・ ~と
・ ~てみる


Related topics
・ Japanese-speaking communities
・ Contemporary society
・ Food and drink
・ Aspirations, the world of work



【1】暖かく活動し見守る

横浜市にある地域活動支援センター「こそあど ぐるん」は、しょうがいのある人たちの働く場であり、社会参加を支援する場でもあります。「ここ」だけではなく、まわりの人の「そこ」、地域の「あそこ」、まだ見たことがない「どこ」、たくさんの「こ・そ・あ・ど」がギュっとつまった出会いの場。「こ・そ・あ・ど」は「ぐるん」とつながっていく。そんな「こそあど ぐるん」の活動について、横浜国立大学の留学生、タナカ・ラウ・アンドレア・ナミエさんが「こそあど ぐるん」の所長、小川さんにインタビューしました。
今回も授業で使えるように記事をリライトしています。 ぜひご活用ください。


リライト記事はこちらから
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/05/handout_20190515.pdf

元の記事はこちらから
http://www.tjf.or.jp/tokimeki/category/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6/hito/


【2】学習活動のヒント

1. 内容確認のための質問

a) タナカさんはどこから来ましたか。

b) 日本でどんなことにおどろきましたか。

c) それは、どんな行動につながりましたか。

d)「こそあど ぐるん」は、だれの、どんなねがいからできましたか。

e)「こそあど ぐるん」の目標をせつめいしてください。

f)「こそあど ぐるん」を多くの人たちにしらせるために、どんなことをやっていますか。

g) 地域の人たちは、どのように貢献していますか。

h) 小川さんはどんな時、やっていてよかった、と思いますか。


2. ディスカッションのヒント

i) タナカさんは、「人たち」ではなく「方々」ということばを使っていますが、そのことばにタナカさんのどんな気持ちが表れていますか。

j) タナカさんは「だれかのために活動することは何よりも満たされることだ。自分以外をよろこばせる幸せ」と言っていますが、あなたはそのような幸せを感じたことがありますか。それは、どんな時でしたか。その経験について話してください。


3. 表現活動のヒント

k) タナカさんは、このインタビューの後、ボランティアとして「こそあど ぐるん」で、毎週土曜日に働きたいと思いました。そのことを小川さんに問い合わせるためにどんなメールを書くでしょう。インタビューのおれいと、その後どんなことを考えたかも含めて、タナカさんの立場から、小川さんにメールを書いてください。(400字程度)

l) 下の会話を完成させてください。

A:「こそあど ぐるん」は、何年にできましたか。
B:____________________________________

A:「こそあど ぐるん」は、どんなメニューがありますか。
B:____________________________________

A: ちかてつの駅から、「こそあど ぐるん」に行きたいのですが、どう行けばいいですか。
B:____________________________________

_____________________________________
※地図はリライト記事に載っています。
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/05/handout_20190515.pdf


使われている文法
・ ~と思う
・ ~時
・ ~やすい
・ ~と言う
・ ~のため(に)
・ ~こと
・ ~てくれる

Relative clause
・ ~から(Reason)
・ ~たり~たり
・ ~と
・ ~てみる


関連トピック
・ Japanese-speaking communities
・ Contemporary society
・ Food and drink
・ Aspirations, the world of work

メルマガ登録はこちら

くりっくにっぽんのfacebookページにもコメントをお待ちしています!
記事を読んだ感想や質問、リクエストなどお気軽に投稿していただければ嬉しいです。
facebookに利用登録をしなくても他の人の投稿を閲覧できます。
下のリンクをクリックして、日本に関心をもつ人たちの輪に加わりませんか?

 

Page Top