メールマガジン登録

newsletter

「新しい記事が掲載されたら連絡してほしい!」
「忙しいから後で読もうと思ってブックマークしたけれど、いつも忘れちゃう」
「他の先生たちがどうやってこのサイトを活用しているのか知りたい」

そんな先生方のために電子メールマガジン「Click Nippon News」を発行しています。

メルマガ登録はこちら

新しい記事が掲載されたとき、メールでお知らせします。
メールに記載されたリンクをクリックするとすぐ記事を読むことができます!
授業で、最近の日本について話題にしたいとき役立ちます!
たとえば、「1/365」コーナーでは日本の若い人たちが年中行事や学校行事をレポートしています。メルマガで最新記事のお知らせが届いたら「今の季節、日本の高校生はこんなふうに過ごしているよ!」と授業で話題にするのはいかがでしょうか。
「先生コーナー」の更新情報を知ることができるのはこのメルマガだけです!
「めいきんぐ★授業」コーナーには、日本語を学ぶことを通じて21世紀を生きる力を生徒に身につけてほしいと願う先生方のエッセーを掲載しています。
「くりっくにっぽん活用術」にはこのサイトに掲載された記事を活用するクラスアイディアを掲載しています。
くりっくにっぽんの活用例を共有できます!
記事を授業でどんなふうに活用したか、生徒の反応はどうだったか、clicknippon@tjf.or.jpまでメールで体験談をお寄せください。できるだけ多くの先生方の声をメルマガでご紹介していきます。

ウェブサイトくりっくにっぽんは、いつも先生方と一緒に歩みます!
ぜひメルマガに登録し、授業準備のパートナーとして、また日本についての知的好奇心をそそる読み物として、このサイトをご活用ください。

メルマガ登録はこちら

バックナンバー

2016年12月16日配信号

【Click Nippon News】Transforming the value of the everyday through art

【Click Nippon News】Transforming the value of the everyday through art

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

Click Nippon News
December 16, 2016

【1】Erasing to Create: Pictures into Sculptures
消しかすで絵を彫像に転換する

【2】Suggested class activities
学習活動のヒント

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

【1】Erasing to Create: Pictures into Sculptures

New article in 《My Way Your Way》
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/en/mywayyourway/09/post-25.php

Three-dimensional figures appearing from two dimensional pictures. Irie Saya erases a part of a picture and recreates the erased part as a sculpture made with the residue of the erasing. Irie says that a transformation of value is possible with eraser-residue art.

■ The essence of this article

• Whether you erase the picture painted on a costly hanging scroll or a photo printed on an advertising flyer, either can be made into a three-dimensional art
work from the eraser dust or residue.

• When a picture that is printed on paper is erased and a work of art made from the eraser dust, something that had a value of 10 yen can sometimes acquire the value of 10,000 yen. Its value, then, can be transformed.

• We ought to think about who decides the value of things.


【2】Suggested class activities

a) Irie wanted to combine two-dimensional and three-dimensional art for her graduation project. What kind of materials did she try first?

b) How did Irie get the idea of using eraser dust as clay to make figures?

c) Explain how Irie came to the idea of creating a figure made from the picture on a bank note? What concept did she express?

d) Irie studied three-dimensional art in university, and she changed her major to modern art in graduate school. Why did she change her major?

e) Name the artist who had a strong influence on Irie when she was in graduate school.

f) What kind of art work was she creating then? What did she want to express?

g) What did you learn about Irie's sculpture of the bodhisattva Kannon?

h) Irie says that creating art with an eraser involves first destroying something of value. What does she mean by this? Explain using some examples.

i) What does Irie find challenging about eraser-residue art?

j) What kind of progress did Irie make as an artist after her work was selected at shiseido art egg?

k) Explain her future goal. What kind of concept does Irie want to realize?

l) Mock auction: Choose one of Irie's art works for a mock auction. Students individually write down how much she/he would prepared to pay for that art work including their reasons. The student's budget is 1 million yen.
Who gave the highest price? Who gave the lowest price? Ask the two students to share the reasons for their bids in class and discuss how their sense of value is reflected in the price they decided on.

m) Take a look at the art works made from bank notes.
http://matome.naver.jp/odai/2136941142851635501/2136941495752335003

http://iriesaya.com/web/pnd2.html

If you were offered either the bank note to use as money or Irie's art work, which one would you choose? Explain the reason for your choice.


☆ For Irie Saya's works, see the following sites:
http://matome.naver.jp/odai/2136941142851635501/2136941495752335003

http://iriesaya.com/web/ntm1.html

http://iriesaya.com/web/pnd2.html



【1】コルクで人物画を描く
《My Way Your Way》コーナーの新着記事

消しかすで絵を彫像に転換する
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/mywayyourway/09/post-25.php 

二次元から飛び出してきたような三次元の人物や動物の作品。入江早耶さんは、消しごむで消した絵を、その消しかすだけを使い立体物として再現する。入江さんは、けしかすアートで、価値の転換を図ることができると語る。


■この記事のエッセンス

・高く売られている絵もチラシも消しごむで消して、それを立体にすれば同じダスト作品になる。

・印刷されているものを消しごむで消して、その消しかすで作品をつくることで、10円のものが10,000円になったりする。つまり、価値の転換が起こる。

・価値を決めているのは誰なのかを考えてみることが必要。


【2】学習活動のヒント

a) 卒業作品をつくるときに、二次元から三次元のものをつくりたいと思い、初めはどんな素材を試しましたか。

b) けしごむを使い始めたきっかけは何ですか。

c) 紙幣の作品はどんな発想から生まれましたか。どのようなコンセプトですか。

d) 入江さんは、大学では立体造形、大学院では現代美術を専攻しましたが、立体造形から現代美術に専攻を変えたのはなぜですか。

e) 大学院時代に強い影響を受けたのは、何というアーティストですか。

f) その頃、どんな作品を作っていましたか。それは何を表現したかったのですか。

g) 掛け軸の観音菩薩という作品について、この記事からわかることをリストしてください。

h) 消しごむかすで作品をつくる行為には、価値を破壊するという意味もある、と言っていますが、それはどういうことですか。例を使ってわかりやすく説明してください。

i) 消しかすアートで難しいのはどんなことですか。

j) 2012年のshiseido art eggに入選したことによって、どんな進展がありましたか。

k) 今後、どんなことをやりたいと言っていますか。それはどんなコンセプトの実現ですか。

l) 模擬オークション:クラスで入江さんの作品を一つ選んで、その作品に一人ひとりが値段を付けてみましょう。一人一人の予算は100万円です。そして、その値段を付けた理由を書いてください。
・一番高い値段はいくらでしたか。
・一番低い値段はいくらでしたか。
この二人の理由を聞いて、どんな価値観の違いがみえるか、クラスで話し合ってください。

m) お札の作品を見てください。
http://matome.naver.jp/odai/2136941142851635501/2136941495752335003  

http://iriesaya.com/web/pnd2.html

もし、お札か、作品か、(例 使える千円札か、ノグチダストの作品)どちらかをもらえるとしたら、どちらがいいですか。どうして、そちらを選んだか、その理由をグループで話し合ってください。


☆紙幣の作品はこちらから
http://matome.naver.jp/odai/2136941142851635501/2136941495752335003 

http://iriesaya.com/web/ntm1.html 

http://iriesaya.com/web/pnd2.html 


━━━━━━━━━━━━━
◆Publisher:The Japan Forum (公益財団法人 国際文化フォーラム)

◆Editor:Miyuki Chiba

◆Co-editor:Yoko Nishimura-Parke(Japanese Language Education Specialist)

◆Enquiries
cliciknippon@tjf.or.jp

━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) The Japan Forum

メルマガ登録はこちら

くりっくにっぽんのfacebookページにもコメントをお待ちしています!
記事を読んだ感想や質問、リクエストなどお気軽に投稿していただければ嬉しいです。
facebookに利用登録をしなくても他の人の投稿を閲覧できます。
下のリンクをクリックして、日本に関心をもつ人たちの輪に加わりませんか?

 

Page Top