メールマガジン登録

newsletter

「新しい記事が掲載されたら連絡してほしい!」
「忙しいから後で読もうと思ってブックマークしたけれど、いつも忘れちゃう」
「他の先生たちがどうやってこのサイトを活用しているのか知りたい」

そんな先生方のために電子メールマガジン「Click Nippon News」を発行しています。

メルマガ登録はこちら

新しい記事が掲載されたとき、メールでお知らせします。
メールに記載されたリンクをクリックするとすぐ記事を読むことができます!
授業で、最近の日本について話題にしたいとき役立ちます!
たとえば、「1/365」コーナーでは日本の若い人たちが年中行事や学校行事をレポートしています。メルマガで最新記事のお知らせが届いたら「今の季節、日本の高校生はこんなふうに過ごしているよ!」と授業で話題にするのはいかがでしょうか。
「先生コーナー」の更新情報を知ることができるのはこのメルマガだけです!
「めいきんぐ★授業」コーナーには、日本語を学ぶことを通じて21世紀を生きる力を生徒に身につけてほしいと願う先生方のエッセーを掲載しています。
「くりっくにっぽん活用術」にはこのサイトに掲載された記事を活用するクラスアイディアを掲載しています。
くりっくにっぽんの活用例を共有できます!
記事を授業でどんなふうに活用したか、生徒の反応はどうだったか、clicknippon@tjf.or.jpまでメールで体験談をお寄せください。できるだけ多くの先生方の声をメルマガでご紹介していきます。

ウェブサイトくりっくにっぽんは、いつも先生方と一緒に歩みます!
ぜひメルマガに登録し、授業準備のパートナーとして、また日本についての知的好奇心をそそる読み物として、このサイトをご活用ください。

メルマガ登録はこちら

バックナンバー

2018年07月23日配信号

【Click Nippon News】 The Power of Words

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

Click Nippon News
July 19, 2018

【1】Engaging with Words
未来をひらく

【2】Suggested class activities
学習活動のヒント

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

On the 18th of June this year, a strong earthquake hit the Osaka area. Buildings toppled, trains stopped, roads collapsed, water pipes burst... the area suffered a lot of damage from the earthquake. Every time a big earthquake hits Japan, many people still recall the great Tohoku earthquake on March 11, 2011.

【1】Engaging with Words
At the time of the Tohoku earthquake, the Fukushima poet Wago Ryoichi tweeted lines of poetry on Twitter, even as he struggled with fear of the radiation cloud. "If we use beautiful words for the future, we may start to see a beautiful future." Wago says.

The suggested class activities for this month use the "My Way Your Way" article about poet Wago, which invites students to reflect on the power of words. An abridged version of the article is provided to make it easier to use in the classroom.

The abridged article is here.
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2018/07/handout_miraihiraku201807.pdf

See the original article here.
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/en/mywayyourway/02/post-6.php



Related topics
• Japanese-speaking communities
• Nature and the environment
• Our society
• Living in Japan
• Communication and the media
• The influence of technology


【2】Suggested class activities
1. Questions to help students' comprehension

a) What were conditions like in Fukushima after the earthquake? Describe how things were in the first 5 days.

b) What was Wago's state of mind during that time?

c) What did Wago do on the sixth day?

d) Translate Wago's first line into English.

e) What did he do in the next three months?

f) What feature of Twitter encouraged him to keep on posting?

g) Explain what Wago learned from the 2011 earthquake disaster?

h)According to Wago, what kind of power do "words" have?

i)What is Wago's goal in writing poems?


2. Discussion points

j)The first line Wago posted to Twitter was:「放射能(ほうしゃのう)がふっています。静(しず)かな夜(よる)です。」Discuss the visual effect of these words. What kind of feelings do you think are expressed in this short poem?

k) If you had been in Fukushima in those first five days, how would you have felt? What would you have done? Share your thoughts with your classmates.

l) Do you use Twitter? Discuss the pros and cons.

m) Have you ever thought that words have power? When do you feel the power of words? How can we use the power of words?


3. Creative task

n) In a group (3-5), create a poster of positive words. Each person in the group writes three words or phrases that are powerful, positive or encouraging. Arrange the chosen words on the poster in your language and also in Japanese. Use your artistic and dictionary skills wherever possible.
Put the posters up on the wall of the classroom. Did you notice any change in the atmosphere or feel of the room? Do you think being surrounded by positive words influences people?

o)Have you or your feelings ever been influenced by someone's words? Choose [A]or [B], and write a short essay about your experience. In your essay, reflect on your language use (how you use words).

[A] Have you ever become happy because of someone's words?

• What was the situation?

• Who said what to you?

• How did the words make you feel?

• Reflect on the effect of positive language. Consider how you will use positive language in the future.


[B] Have you ever made someone unhappy because of your words?

• What was the situation?

• What did you say to whom?

• What do you think the person might have felt? How did you feel about it?

• Reflect on your language use. How do you want to choose words in the future? What did this experience teach you about the power of language?


Useful expressions:

• Personが~~~していた時のことですIt was when (person) was (doing something)
• Personが~~した時・Personが~~していた時 when (person) did (was doing something)
• Personが 「xxx」と言いました (person) said "xxx" to me
• Person が 「xxx」と言ってくれました (person) kindly said "xxx" to me
• うれしくなりました became happy
• 明るい気持ちになりました be cheered up, it lifted my spirits
• はげまされました was encouraged
• Personに 「xxx」と言ってしまいました I have (mistakenly, inconsiderately) said "xxx" to (person)



今年6月18日、強い地震が大阪をおそいました。建物の一部がこわれたり、道路が陥没したり、水道管が破裂したりした場所もありました。大きな地震がおこるたびに、2011年3月11日の東日本大震災を思い出す人も少なくありません。

【1】未来をひらく
東日本大震災の時、福島の詩人、和合亮一さんは、放射線の恐怖と闘いながら、ツイッターで詩を発信しつづけました。「未来のために美しいことばを使えば、美しい未来が見えてくる」と語る和合さん。今回は、2013年の和合さんの記事を取り上げ、「ことばの力」について考えてみます。今回も授業で使いやすいように記事を短く簡単にしたテキストを用意しました。ぜひご活用ください。

リライト記事はこちらから。
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2018/07/handout_miraihiraku201807.pdf

元の記事はこちらから。
http://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/mywayyourway/02/post-6.php


Related topics
• Japanese-speaking communities
• Nature and the environment
• Our society
• Living in Japan
• Communication and the media
• The influence of technology


【2】学習活動のヒント
1.内容確認のための質問

a)地震の後の福島はどんな状況でしたか。初めの5日間のことを説明してください。

b)この間の和合さんはどんな気持ちでしたか。

c)6日目に和合さんは何をしましたか。

d)初めに書いた詩をあなたのことばに訳してください。

e)それから3か月間、何をしましたか。

f)和合さんがメッセージを送り続けたのは、ツイッターのどんな特徴が和合さん支えたからですか。

g)この震災で和合さんが学んだことは何ですか。

h)和合さんは、ことばにはどんな力があると言っていますか。

i)和合さんはどんな気持ちで詩を書いていますか。


2.ディスカッションのポイント

j)和合さんがツイッターにのせた初めの詩「放射能(ほうしゃのう)がふっています。静(しず)かな夜(よる)です。」について、話し合いましょう。どんな視覚的効果がありますか。この短い詩にどんな気持ちがこめられていると思いますか。

k)初めの5日間にあなたも福島にいたとしたら、どんな気持ちだったでしょうか。どんなことをしたでしょうか。話し合ってください。

l)ツイッターを使いますか。ツイッターはどんないいところがありますか。また、どんなわるいところがありますか。

m)ことばに力があると考えたことがありますか。どんな時にことばの力を感じますか。どんなふうにことばの力を使えると思いますか。


3.表現活動のヒント

n)3~5人ほどのグループでポジティブなことばのポスターを作りましょう。
まず、人を元気づけることばを一人3つずつ選んでください。そのことばをグループで1まいの大きい紙に、あなたのことばと日本語のバイリンガルで書いてください。わからないことばは、じしょを使ってしらべましょう。イラストなどを入れてもいいです。 できたポスターをクラスにはりましょう。
そのポスターによって、クラスの雰囲気はかわりましたか。ポジティブなことばは人の気持に影響すると思いますか。

o)ことばの力について考えてみましょう。
だれかのことばで、影響を受けたことがありますか。[A]か[B]をえらんで、その時のことを書いてください。そして、自分のことばの使い方をふりかえってみましょう。

[A]だれかのことばで、うれしくなったことがありますか。はげまされたことがありますか。
•どんな状況の時でしたか。
•だれが何と言いましたか。
•どんな気持ちになりましたか。
•ことばの使い方をふりかえって、自分はどんなふうにことばを使っていきたいと思いますか。

[B]ことばでだれかをきずつけてしまったことがありますか。
•どんな状況の時でしたか。
•だれに何と言いましたか。
•その人はどんな気持ちになったと思いますか。あなたはどんな気持ちになりましたか。
•自分のことばの使い方をふりかえって、これから、どんなふうにことばを使っていきたいと思いますか。

メルマガ登録はこちら

くりっくにっぽんのfacebookページにもコメントをお待ちしています!
記事を読んだ感想や質問、リクエストなどお気軽に投稿していただければ嬉しいです。
facebookに利用登録をしなくても他の人の投稿を閲覧できます。
下のリンクをクリックして、日本に関心をもつ人たちの輪に加わりませんか?

 

Page Top