メールマガジン登録

newsletter

「新しい記事が掲載されたら連絡してほしい!」
「忙しいから後で読もうと思ってブックマークしたけれど、いつも忘れちゃう」
「他の先生たちがどうやってこのサイトを活用しているのか知りたい」

そんな先生方のために電子メールマガジン「Click Nippon News」を発行しています。

メルマガ登録はこちら

新しい記事が掲載されたとき、メールでお知らせします。
メールに記載されたリンクをクリックするとすぐ記事を読むことができます!
授業で、最近の日本について話題にしたいとき役立ちます!
たとえば、「1/365」コーナーでは日本の若い人たちが年中行事や学校行事をレポートしています。メルマガで最新記事のお知らせが届いたら「今の季節、日本の高校生はこんなふうに過ごしているよ!」と授業で話題にするのはいかがでしょうか。
「先生コーナー」の更新情報を知ることができるのはこのメルマガだけです!
「めいきんぐ★授業」コーナーには、日本語を学ぶことを通じて21世紀を生きる力を生徒に身につけてほしいと願う先生方のエッセーを掲載しています。
「くりっくにっぽん活用術」にはこのサイトに掲載された記事を活用するクラスアイディアを掲載しています。
くりっくにっぽんの活用例を共有できます!
記事を授業でどんなふうに活用したか、生徒の反応はどうだったか、clicknippon@tjf.or.jpまでメールで体験談をお寄せください。できるだけ多くの先生方の声をメルマガでご紹介していきます。

ウェブサイトくりっくにっぽんは、いつも先生方と一緒に歩みます!
ぜひメルマガに登録し、授業準備のパートナーとして、また日本についての知的好奇心をそそる読み物として、このサイトをご活用ください。

メルマガ登録はこちら

バックナンバー

2019年09月26日配信号

【Click Nippon News】 Class Activities for Grade 1-8 and 9-11 on the Topic "Kendama"

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

Click Nippon News
September 26, 2019

【1】Street Kendama!
ストリート発Kendama!

【2】Suggested class activities
学習活動のヒント

◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□◆◆□

【1】Street Kendama!

The origin of the kendama, which is often thought to be a traditional Japanese toy, may be hard to pin down. Some records show that there was a similar type of toy in sixteenth-century Europe, and that during the Edo period (1603-1867) it was brought to Japan, where its popularity spread.

From a few years ago, the media have been reporting on the new styles of playing with kendama that are spreading among young people: "street kendama." Komoto Nobuaki, who launched this "new wave" kendama, talks about its attractions. There is also a video of Komoto showing his skills with the kendama.

This class activity introduces ideas for using the video of Komoto in class activities for students from elementary to junior high school level, and from junior high school to senior high school level. The article is rewritten to make it easier to use in the classroom.

The video is here
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=B7_0o8Ma78A

See the original article here
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/en/mywayyourway/06/kendama.php

【2】Suggested class activities

• Section A: Introducing the video

• Section B: Let's research kendama

• Section C: Let's talk about kendama

Section A: Introducing the video

Videos are very useful for nurturing students' visual literacy. They are also an easy way to draw learners' attention into a topic, and can be used to launch the class.

This video is 2 mins. 11 secs. long; it may be a good idea to show it in two parts (divided as shown below), or show either the first half or the last half only at one time.

The questions below can be used for elementary through high school students, but should be used in ways appropriate to the learners, such as allowing them to respond in English or requiring them to respond in Japanese, and by choosing questions that link up with subsequent activities.

Part 1 (0:00 to 0:43)
1. What can you see in the video?

2. Where is it taking place? Why do you think the video was taken there?

3. What is Komoto doing?

4. What did you think of Komoto when you saw him in the video? What kind of person is he? (The teacher may assist the students to say what they want to say, and if necessary, provide new vocabulary.)

5. What do you think Komoto's occupation is?

6. When do you think Komoto started working with kendama?

7. If you could talk to Komoto, what question would you like to ask?

Part 2 (from 0:44)
8. How many tricks does Komoto introduce?

9. What are the names of the tricks?

10. About how much do you think Komoto has practiced?

11. There are level certifications for kendama. By looking at the Japan Kendama Association website, let's look and see how Komoto's skills measure up. See https://kendama.or.jp/tricks/basic_tricks/

12. Here is the Kendama certification list at Global Kendamas Network. Can we find the tricks Komoto has shows in the video? Let's have a look. https://kendamakentei.com/pdf/kendamakentei_trick.pdf

Section B: Let's research kendama

Using the same material but changing perspectives, you can plan all sorts of activities depending on the student's age and level.

1. Searching on related websites, let's look at the history of kendama. Make a presentation based on the information you found.

a) When did kendama first appear?

b) Where did it originate?

c) Who made kendama?

d) Has the design of kendama changed?

e) Kendama come in various designs in different parts of the world. Which of the designs do you like? Please explain why.

Note: For elementary school students, the teacher may read the website beforehand and either explain kendama while showing illustrations and photographs or create a PowerPoint presentation, using charts to show the questions and answers. For content such as that below, see the KidsWeb page about kendama (https://web-japan.org/kidsweb/ja/virtual/kendama/kendama02.html). Add other information from other sites.

Q1: How old is the kendama toy?/けん玉はいつできましたか。

Q2: When were kendama introduced in Japan?/日本にいつきましたか。

Q3: Where were the first kendama from?/初めのけん玉はどこにありましたか。

Q4: When did kendama become popular in Japan?/日本ではけん玉はいつ人気が出ましたか。

For junior and senior high school students in advanced Japanese classes, it will be possible to use question sentence patterns and previously learned sentence patterns for answers.

2. Have students ask their fathers, mothers, grandfathers and/or grandmothers what games they played as children. Have them share what they learned in the class. Then create a graph showing what they reported. Create a Venn diagram showing how the students' own games and play compare to those of their parents' or grandparents' generations. What do we learn from the comparison?

Note: Depending on their level of Japanese, when reporting on what they learned, students can use sentence patterns like the following, by inserting the English into the Japanese sentence given.

A: こんにちは。(Name)です。私のおじいさんは(Year/年)に生まれました。私の祖父は(Name of the game)をしました・で遊びました・が好きでした。

B: 祖父は(Year e.g./1955年)に生まれました。小さい時、よく(Place e.g./ちかくのビーチ)で、(Person e.g./友だち)と、(Name of the game/A)や、(Name of the game/B)をして、あそんだそうです。(Place e.g./うち)では、(Person e.g./妹)と(Name of the game/C)や、(Name of the game/D)をしてあそんだと言っていました。

Section C: Let's talk about kendama

1. A new style of kendama has been developed. See page 3 of the article online. Looking up the new kendama at the sites below, discuss what you think of the new style.
KDX: https://www.asovision.com/kdx/about/
電玉:https://dendama.co.jp/

• What do you think of the new kendama. Is it cool? Why do you think so?

• What is different from traditional kendama?

• Do you think it is good to change traditions? Do you think it is better not to change tradition? Share with the class why you think so.

• What do you think are the advantages of the dendama?

• Do you want to try the dendama?

• How do you think the kendama will change from now on?

Note: I held this discussion with sixth graders in English and it was very interesting how their opinions ended up divided. The opinions of half the class were: the new kendama is cool looking; something new and different is interesting/cool; things that are good-looking are more popular with young people, and so on. The other half of the class thought: it's not so good to change something traditional; the traditional kendama is appealing because it's simple; the traditional kendama is environment friendly, and so on.(by Junko Nichols)

2. In order to devise a new style of kendama, it is important to master the basic moves. What other examples of this can you think of? Think about dance, music, sports, and other activities.

3. [For high school students] Have students read the rewritten article and answer questions about it to confirm their comprehension.

The rewritten article is here
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/09/handout_20190925.pdf

There are ideas for activities other than those introduced here. Do make use of these resources:

For elementary and junior high school students
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/wadai/08/post-73.php (This page is in Japanese. English version is coming soon.)

For high school students
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/en/activity/wadai/08/post-74.php

【1】ストリート発Kendama!

日本の伝統のおもちゃと思われているけん玉の起源はいろいろあります。原型となるものが16世紀ごろのヨーロッパで使われていたという記録があります。日本には江戸時代(1603 -1868)に入ってきて広まったといわれています。

このけん玉が若い人たちの間に新しいスタイルで広がっています。数年前からメディアに取り上げられるようになった「ストリートけん玉」。日本にけん玉のニューウェーブを起こした河本伸明(こうもとのぶあき)さんがその魅力を語っています。河本さんがけん玉をしている動画もあります。

今回は、この動画を使ったクラス活動、小学生から中学生対象、中学生から高校生対象の活動を紹介します。
今回も授業で使えるように記事をリライトしています。 ぜひご活用ください。

ビデオのリンクはこちらから
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=B7_0o8Ma78A

元の記事はこちらから
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/mywayyourway/06/kendama.php

【2】学習活動のヒント

・Section A: ビデオを使った導入

・Section B: 調べてみよう

・Section C: 話し合ってみよう

Section A: ビデオを使った導入 

動画は、視覚判断能力(Visual literacy)を高めるためにとても有効です。また学習者の興味を引きやすく、授業の導入としても使えますね。

この動画は2分11秒なので、2回に分けて観るか、前半か後半のどちらかを選んで観るといいでしょう。

下の質問は小学生から高校生まで使えますが、学年の日本語レベルによって日本語で答えさせたり、そのあとの活動につながるようなものを選んだり、学習者に合わせて使ってください。

PART 1 (0:00から0:43)
1. ビデオの中で何が見えますか。

2. どこだと思いますか?なぜそう思いますか。

3. こうもとさんは何をしていますか。

4. こうもとさんを見てどう思いますか。こうもとさんはどんな人だと思いますか。(生徒が言いたいことを教師がサポートして、必要なら新しい言葉を教える)

5. こうもとさんの仕事は何だと思いますか。

6. こうもとさんはいつからけん玉を始めたと思いますか。

7. こうもとさんに聞いてみたいことは何ですか。

PART 2(0:44 から)
8. こうもとさんはいくつ技を紹介しますか。

9. 技の名前は何ですか。

10. こうもとさんはどのぐらい練習したと思いますか。

11. けん玉にはレベルテストがあります。けん玉協会のリンクを見て、こうもとさんのレベルはどのぐらいか見つけてみましょう。https://kendama.or.jp/tricks/basic_tricks/

12. これはGlobal Kendamas Networkのけん玉検定リストです。この中にこうもとさんのけん玉の技がありますか。さがしてみましょう。https://kendamakentei.com/pdf/kendamakentei_trick.pdf

Section B: 調べてみよう

同じ素材でも、視点を変えることで、さまざまな年齢を対象とする活動ができます。

1. 関連ウェブサイトを見て、けん玉の歴史について調べよう。そして調べたことを発表しよう。

a) けん玉はいつ始まりましたか。

b) どこから来ましたか。

c) 誰が作りましたか。

d) けん玉のデザインは変わりましたか。

e) 世界にはいろいろなけん玉のデザインがあります。どのデザインがいいと思いますか。なぜですか。

Note: 小学生の場合は、教師が事前にウェブサイトを読んでおいて、絵や写真を見せながら話をしたり、PPTを作って見せた後、下記の内容を確認することもできます。キッズウェブ(https://web-japan.org/kidsweb/ja/virtual/kendama/kendama02.html)を読めばできます。もっと知りたい場合はほかのサイトもあわせて読んでください。

Q1: けん玉はいつできましたか。/How old is the kendama toy?

Q2: 日本にいつきましたか。/When were kendama introduced in Japan?

Q3: 初めのけん玉はどこにありましたか。/Where were the first kendama from?

Q4: 日本ではけん玉はいつ人気が出ましたか。/When did kendama become popular in Japan?

中高生や日本語のレベルが高い場合は、質問の文型や既習の文型を使って答えられるとよいですね。

2. お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんにどんな遊びをしていたか聞いてみましょう。そして、クラスで発表しましょう。その結果をクラスでまとめてグラフにしましょう。また、自分たちの遊びと比べてベン図に書いてみましょう。どんなことがわかりましたか。

Note: 発表する時は、日本語レベルによって、次のような文章が使えるでしょう。( )の言葉を入れ替えて使ってください。

A: こんにちは。(Name)です。私のおじいさんは(Year/年)に生まれました。私の祖父は(Name of the game)をしました・で遊びました・が好きでした。

B: 祖父は(Year e.g./1955年)に生まれました。小さい時、よく(Place e.g./ちかくのビーチ)で、(Person e.g./友だち)と、(Name of the game/A)や、(Name of the game/B)をして、あそんだそうです。(Place e.g./うち)では、(Person e.g./妹)と(Name of the game/C)や、(Name of the game/D)をしてあそんだと言っていました。

Section C: 話し合ってみよう

1. 新しいけん玉が開発されました。(本文3ページ参照)下のウェブサイトを見て、新しいけん玉についてどう思うか、話し合ってください。
KDX: https://www.asovision.com/kdx/about/
電玉:https://dendama.co.jp/

• 新しいけん玉をどう思いますか。いいと思いますか。なぜですか。

• これらのけん玉は伝統的なけん玉とどこが違いますか。

• 伝統的なことを変えるのはいいことだと思いますか。伝統は変えない方がいいですか。それはなぜですか。

• 電玉のいいところは何だと思いますか。

• 電玉に挑戦したいですか。

• 未来のけん玉はどう変わっていくと思いますか。

Note:小学6年生の子供たちと英語で話し合いました。意見が分かれておもしろかったです。クラスの半分から、新しいかたちのけん玉はかっこよくていい、ちがうタイプのものがあった方がおもしろい、かっこいい方が若い人に人気が出るという意見が出ました。もう半分の生徒からは、伝統的なけん玉が変わってしまうのはあまりよくないと思う、伝統的なけん玉の方がシンプルで好きだ、伝統的なけん玉の方が環境に良い、などの意見が出ました。みなさんはどう思いますか。(by Junko Nichols)

2. けん玉は新しいスタイルを作り出すためには、基本の型をしっかりマスターすることが大切ですが、他にもどんな例がありますか。ダンスや音楽、スポーツなどの分野で考えてみましょう。

3.【高校生向け】「かっこいい!ストリートKendama!」のリライト記事を読んで、内容確認の質問に答えましょう。

リライトのリンクはこちらから
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/uploads/2019/09/handout_20190925.pdf

今回紹介した活動のほかにもたくさんの活動を以下で紹介しています。ぜひご活用ください。

小学生・中学生向け
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/wadai/08/post-73.php

高校生向け
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/activity/wadai/08/post-74.php

☆Related websites in English

・Takarabako(Click Nippon)
English: https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/archive/docs/TB11_E.pdf

・Japan Kendama Association
https://kendama.or.jp/english/

・Kids Web Japan
https://web-japan.org/kidsweb/virtual/kendama/index.html

・Global Kendama Netword
https://www.gloken.net/en/

・DENDAMA(IoT×Kendama)
https://dendama.co.jp/index_en.html

・Kendama Australia
https://kendamaaustralia.com.au/

・First-50-Tricks Kendama Tricks
https://yoyotricks.com/tag/kendama-first-50-tricks/

☆Related websites in Japanese

・Takarabako (Click Nippon)
https://www.tjf.or.jp/clicknippon/ja/archive/docs/TB11_J.pdf

・けん玉協会
https://kendama.or.jp/

・けん玉検定
https://kendamakentei.com/

・キッズ・ウェブ・ジャパン
https://web-japan.org/kidsweb/ja/virtual/kendama/kendama02.html

・GLOKEN(グローバルけん玉)
https://www.gloken.net/jp/

・KDX
https://www.asovision.com/kdx/about/

・DENDAMA
https://dendama.co.jp/

☆video
Kendama dancing(Zoomadanke)
https://www.youtube.com/watch?v=nkaCqF0v-CA

☆けん玉の絵本
•『りんごとけんだま』ISBN-13: 978-4893096296

•『しっぱいのれんしゅう』ISBN-13: 978-4569681719

•『けんだま』の絵本 ISBN-13: 978-489423353

メルマガ登録はこちら

くりっくにっぽんのfacebookページにもコメントをお待ちしています!
記事を読んだ感想や質問、リクエストなどお気軽に投稿していただければ嬉しいです。
facebookに利用登録をしなくても他の人の投稿を閲覧できます。
下のリンクをクリックして、日本に関心をもつ人たちの輪に加わりませんか?

 

Page Top