公益財団法人国際文化フォーラム

「テンダーさんのその辺のもので生きる」オンライン講座、講師のテンダーです。

以下に受講のための、機材に関するご案内を差し上げます。

※ スマートフォンひとつ、パソコンひとつでの受講は原則的に不可とします。
準備のしやすさ、気楽さには同意できますが、危険を伴う本講座で必要とする「双方向の受配信」を行うためには全く適していません。

なぜなら、カメラ部分とモニター部分が分かれていないと、「講師の手元映像を受信しながら、自分の手元映像を配信すること」ができないからです。
必ず以下の内容に目を通し、ご都合に合うものをご用意ください。

また、選んだ接続方法を講座の前に一度実践して、問題なく使えるかどうかを必ずご確認ください(機材に疑問点がある場合は、国際文化フォーラムに問い合わせずに、検索するか、各機器もしくはアプリ開発者にお尋ねください)。

以下に示した例以外にも接続方法はたくさんありますので、ご自身の環境に合った方法を広くご検討ください。


0. 基本の接続環境

講座の受講に必要な機材は、

  • カメラ部
  • モニター部
  • zoom起動部
  • カメラ操作部

の4部分から構成されます。

要はスマートフォンでもパソコンでも、この4部分が一台で賄えていたものを、あえて分割してほしい、というのがこのページの主旨です。

4部分のうちの、モニターだけ分けるか、もしくはカメラだけ分けるかで全体の構成が変わります。

また、できる限りカメラ部分用の三脚、もしくは可動アームを入手してください。カメラとして使うスマートフォンを何かに立てかける、というような不安定なことはお勧めしません。また、100円のスマホスタンド等も非常に使いづらいのでお勧めしません(ブレる、動く、振動する、狙ったところで止まらないなど、今回の目的を達成しづらいものです。確認済み)。

受配信しているすぐ横で、ガスバーナーで1000度の熱を扱うことを想像してください。「スマホが倒れた!」ということに気を取られることが、どれだけ注意力を奪う状況かをご想像ください。

同じ100円ショップのものでも、500円のものは利用できると思います(ただし私は未確認なのであしからず)。
また、リサイクルショップには、数千円レベルの三脚が500円〜1000円で売ってることもよくあります。私としてはこちらの方が環境負荷が低いのでお勧め。

以下にその他機材組み合わせの、簡単なバリエーションを列挙します(撮影の都合上、三脚が写っていませんが実際は揃えてください)。

また、どのバリエーションを選んだ場合でも、常に機器に給電できるよう心がけてください。(ウェブ通話は思いのほか充電を使います)

1. パソコンはないが、スマートフォンをお持ちの方向け

A. モニター(TV含む) + Fire TV Stick等のストリーミングデバイス + スマートフォン + 三脚 (お勧め!)

  • デジタル機器に慣れていれば、接続確認まで20分ほど
  • モニターとスマートフォンの接続のために¥5000(Fire TV Stick) – ¥20000(Apple TV)ほど必要
  • 機器を問わずにモニターに接続できる可能性が高い方法です。
  • ストリーミングデバイスは、導入することで他にも恩恵がある(パソコン、スマートフォンの画面をモニタに投影できる、パソコンを使わずにストリーミングサービスをモニターに投影できる、など)
  • wifiネットワークを使うため、通信速度の遅い環境では、zoom通話が途切れる可能性があります。
  • 有線接続ではないため、危険な作業時にある程度自由に移動することができます

必要なもの

  • HDMI端子を持つモニター、もしくはTV
  • ストリーミングデバイス(FIreTVstick もしくは appleTV もしくは Chromecast などの、モバイル機器の映像をモニターにミラーリング(投影)できるもの)
  • お手持ちのスマートフォン

1. モニターもしくはTVのHDMI端子にストリーミングデバイスを接続します。個々のストリーミングデバイスによって操作等が多少違いますので、詳しくはそれぞれの説明書をご覧ください。2021年1月現在、Fire TV Stickが¥4980 で安価です。

2. ストリーミングデバイスの設定を完了します(ここでは例としてFire TV Stickを取り上げます。Fire TV Stickの使用にはAmazonアカウントが必要です)。設定完了後、Androidをお使いの場合はそのまま標準のミラーリング機能でスマートフォンの映像をモニターにミラーリングできます。iPhoneをお使いの場合は、こちらをご参考に、ミラーリングアプリをインストールしてください。

3. Fire TV Stickとスマートフォンを同一のwifiに接続します

4. スマートフォンで受講のための映像通話ツール「zoom」を起動すると、その映像がモニターに表示されます。

5. スマートフォンを三脚や可動アームなどに据え付け、あなたの顔と手元を素早く配信できるように用意してください。


B. モニター(TV含む) + HDMI接続 + スマートフォン + 三脚

  • 接続確認まで5分ほど
  • モニターとスマートフォンの接続のために¥1000-¥5000ほど必要(お使いのスマートフォンにより変わります)
  • そのスマートフォンでしか使えない接続方法になる可能性があります(汎用性が低い)
  • 有線なので遅延が少なく、wifiネットワークを圧迫せず、安定した接続方法となります。

必要なもの

  • HDMI端子を持つモニター、もしくはTV
  • HDMI接続のためのコネクタ(iPhoneの場合はLightning端子 – HDMIコネクタ、Androidの場合は microUSB端子 – HDMI端子コネクタ、もしくは USB type-C端子 – HDMI端子コネクタ)
    HDMIケーブル(必要な長さのもの)
  • お手持ちのスマートフォン

1. スマートフォンとHDMI端子コネクタを接続します。HDMI端子コネクタには、必ず給電できる給電ポートが付いているものをお選びください(これがないと電池切れ=講座の終了になります)。

2. HDMI端子コネクタと、モニターもしくはTVをHDMIケーブルで接続します

3. スマートフォンで受講のための映像通話ツール「zoom」を起動すると、その映像がモニターに表示されます。

4. スマートフォンを三脚や可動アームなどに据え付け、あなたの顔と手元を素早く配信できるように用意してください。


2. パソコンをお持ちの方向け

C. パソコン + EpocCamアプリ等 + スマートフォン + 三脚 (お勧め!)

  • デジタル機器に慣れていれば、接続確認まで10分ほど
  • EpocCamアプリ(iOS用)は無料版でも用をなしますが、高機能な有料版を求める場合は¥980。Androidをお使いの方は iV camアプリ等をお使いください
  • 解像度の高いスマホカメラを利用できるため、一般的にはパソコン内蔵カメラよりも高画質になります
  • wifiネットワークを使うため、通信速度の遅い環境では、zoom通話が途切れる可能性があります(EpocCamアプリはUSBケーブルを使ってパソコンと有線接続することもできます)
  • パソコンを母艦とするため、zoomの操作性が良くなります。
  • 有線接続ではないため、危険な作業時にある程度自由に移動することができます

必要なもの

  • パソコン
  • スマートフォン
  • EpocCamアプリや iV camアプリ等、スマートフォンをウェブカメラ化するアプリ

1. スマートフォンにEpocCamアプリ等をインストールします。インストール後、起動しアプリの指示に従ってください。

2. パソコンに、アプリと対となるドライバーをインストールします(スマートフォンにEpocCamを入れたら、パソコンにはEpocCamドライバーをインストールする)。EpocCamの場合はパソコンを再起動します。

3. パソコンとスマートフォンを同一のwifiに接続し、EpocCamを起動します。

4. パソコンで受講のための映像通話ツール「zoom」を起動し、カメラアイコンの横の矢印を押して「EpocCam」を選択してください。パソコンの内蔵カメラの映像ではなく、スマートフォンからの映像がパソコンモニターに映し出されていれば成功です。

5. スマートフォンを三脚や可動アームなどに据え付け、あなたの顔と手元を素早く配信できるように用意してください。


D. パソコン + USBウェブカメラ+ 三脚

  • 接続確認まで5分ほど
  • ウェブカメラをお持ちでない場合、購入費用が必要(値段はピンキリ、ジャンク品は¥500〜高級品は¥10000以上)
  • 接続確認作業がほとんどありません。
  • 有線なので遅延が少なく、wifiネットワークを圧迫せず、安定した接続方法となります。
  • パソコンを母艦とするため、zoomの操作性が良くなります。

接続方法は平易なため、割愛します。


E. カメラ内蔵パソコン + 外部モニター

  • 接続確認まで5分ほど
  • モニターをお持ちでない場合、購入費用が必要(¥20000〜)
  • 接続確認作業がほとんどありません。
  • 有線なので遅延が少なく、wifiネットワークを圧迫せず、安定した接続方法となります。
  • 大きなモニターは、本講座以外にも利用用途が多く、作業性の向上につながります。
  • パソコンを母艦とするため、zoomの操作性が良くなります。
  • カメラ内蔵パソコンをカメラとして使うこの方法は、カメラとしての可動性が低いため、本講座ではお勧めしません。

接続方法は平易なため、割愛します。