Tokimeki Theme!移住

武蔵野美術大学
2020年現在、私たちは、コロナ禍の中にいます。大学の授業はすべてオンライン化され、クラスメイトとも直接会うことができないでいます。「ときめき取材記」も、インタビュイーの方を訪ね、お話を伺うことができなくなりました。そこで、私たちは、発想を転換し、オンラインだからこそ会うことができる人の話を聞くことにしました。 「移住」をテーマに、日本で生まれ、海外へ移住した人の人生から、グローバルに生きることの意味や、逆照射される日本社会について考えます。日本を飛び出した人びとの人生、仕事、価値観から、国境を越え、自由に生きるとはどういうことかを学びたいと思います。

NEW!

少し変わった日本人、ロンドンで自分の世界を広げていく

移住

少し変わった日本人、ロンドンで自分の世界を広げていく

「ArtLouge」の主宰
吉荒夕記さん

博物館学の分野について、イギリスは世界で最も蓄積のある国だといえます。この国では、博物館や美術館は「国民のもの」であると考えられています。吉荒夕記さんはミュゼオロジー(博物館学)を深く勉強するため、40代初めにイギリスへの留学を決めました。…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

NEW!

ダイバーからソーセージ店オーナー!?

移住

ダイバーからソーセージ店オーナー!?

「Bukit Sausage (ブキットソーセージ)」オーナー
今井愛さん

札幌で保育士をしていた今井愛さん。友達にスキューバダイビングに誘われ、水中で息ができるなんて!と衝撃を受け、夢中になった。そして25歳の時、インストラクターの資格を取るべく、ワーキングホリデー制度*でオーストラリアに渡る。しかし彼女はインド…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

つなげる教育、つながる幸せ

移住

つなげる教育、つながる幸せ

ニュージーランド・カンタベリー大学人文学部日本語プログラム、Lecturer
荻野雅由さん

日本で英語教師のキャリアを経て、現在ニュージーランドで日本語教師として教壇に立たれている荻野雅由さん。荻野さんはなぜ移住という選択をされたのか。海外移住の決断や日本語教育への信念を伺いました。…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

就活カフェを日韓の架け橋に!

移住

就活カフェを日韓の架け橋に!

「KOREC」代表
春日井萌さん

韓国は現在、就職難で高得点のTOEIC点数と資格を持っていても、若い青年たちが働く場所がなく、「失業者」に転落してしまう状況があります。このような状況で、若年層が突破口として見出したのは、外国での就職。 春日井さんは、そんな韓国の青年たちの…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

大切なのは自分に制限をかけないこと

移住

大切なのは自分に制限をかけないこと

ブラジルを拠点に活動する音楽家
島田愛加さん

武蔵野音楽大学を卒業後、ブラジルに渡りサンパウロ州立タトゥイ音楽院を卒業。ブラジルにてサクソフォン、フルート奏者、音楽講師などの活動をする一方で、南米音楽を通して文化や曲の背景を紹介するサイトを自身で設立。また、ブラジル音楽を教えるプロジェ…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学

掛け算で作る自分のフィールド

移住

掛け算で作る自分のフィールド

ICT企業経営、元日本語教師
三宅一道さん

日本にいた時の「閉塞感」から、フィリピンに移住して解き放たれた元ロックミュージシャンの三宅さん。「音楽×日本語教育×ラジオ×情報サイト運営」などマルチな活動の背景には、自由奔放な思考法や人生観や価値観が垣間見られた。「音楽」というものに「日…(続きを見る)

私たちが
取材しました

武蔵野美術大学