プログラムの様子

2018年度の内容

TJFは2019年3月25日~28日(3泊4日)の日程で、東京都八王子市にある大学セミナーハウスを会場に、多言語・多文化交流「パフォーマンス合宿」の第2回を実施しました。文化的ルーツやこれまでの移動ルートから数えて、日本を含む8地域、11言語をバックグラウンドに持つ31名の高校生が合宿に参加しました。

 

参加者

◆総数31名
高校生27名:高校進学支援教室生徒4名

◆参加者のルーツ地域
1.インド、2.オーストラリア、3.韓国、4.中国、5.日本、6.ネパール、7.フィリピン、8.ブラジル

参加者のルーツ言語(地域)
1.韓国語(韓国)、2.英語(インド、オーストラリア、フィリピン)、3.カンナダ語(インド)、4.タガログ語(フィリピン)、5.中国語(中国)、6.日本語(日本)、7.ネパール語(ネパール)、8.ビサヤ語(フィリピン)、9.ヒンディー語(インド)、10.ポルトガル語(ブラジル)、11.マラテ語(インド)

 

プログラムの構成

1日目

正午にJR八王子駅に集合、送迎のバスで会場へ移動
午後いっぱいは体を使ったゲームを通じて仲よくなる
夜はお楽しみタイム(ボードゲーム、カードゲーム、卓球、パズルなど)

2日目

ダンスワークや演劇ワークを体験しながら、小さな作品を作って発表する経験を積む
夜はドキュメンタリー映画鑑賞

3日目

最終日の発表会に向けた作品作りと仕上げ
夜は先輩の話を聞く会

4日目

家族や教師を招いての発表会、振返りの会
13:30終了、送迎バスでJR八王子駅まで送られ、14:00に解散

写真で見る4日間

合宿開始!

 

さまざまなゲームやワーク

休憩タイム(各国のお菓子食べ放題、多言語絵本もたくさん)

おいしい食事に清潔な部屋

 

発表会

別れ…

2018年度実施の概要

期間

2019年3月25日(月)~28日(木)3泊4日

場所

大学セミナーハウス(東京都八王子市)

ファシリテーター・チーム

田室寿見子(演劇ユニットSin Titulo代表、演出家)
河野悟(NPO法人PAVLIC、俳優)
田中圭介(NPO法人PAVLIC、劇作家・演出家、大学講師)
田畑真希(タバマ企画、ダンサー・振付家)
劔持藍子(スペイン語通訳)

学生サポーター・チーム

若尾颯太(2017年度合宿参加者)
高瀬杏理(2017年度合宿参加者)
山岸笑璃(2017年度合宿参加者)
長野エドワルド(大学生)

 

2017年度の内容についてはこちら