くりっくにっぽん活用術

誰かのために活動したことがありますか?

執筆:西村パーク葉子

話題/目標:人との付き合い、地域・世界とのつながりを認識する、地域社会と世界、社会のために行動する

2019.05

文字サイズ+拡大 ±標準
  • プリント
目 標

「こそあど ぐるん」の活動について学び、このような場所が地域にとってどのように大切かを考える。またここで言及されている「誰かのために活動することの喜び」をじぶんと結び付けて考え、その経験をクラスでシェアーする。

対 象 高校生レベル以上
日本語レベル 上級レベル
準備するもの

手順

1. 内容確認のための質問
a) タナカさんはどこから来ましたか。
b) 日本でどんなことにおどろきましたか。
c) それは、どんな行動につながりましたか。
d) 「こそあど ぐるん」は、だれの、どんなねがいからできましたか。
e) 「こそあど ぐるん」の目標をせつめいしてください。
f) 「こそあど ぐるん」を多くの人たちにしらせるために、どんなことをやっていますか。
g) 地域の人たちは、どのように貢献していますか。
h) 小川さんはどんな時、やっていてよかった、と思いますか。

2. リサーチとディスカッションのヒント
i) タナカさんは、「人たち」ではなく「方々」ということばを使っていますが、そのことばにタナカさんのどんな気持ちが表れていますか。
j) タナカさんは「だれかのために活動することは何よりも満たされることだ。自分以外をよろこばせる幸せ」と言っていますが、あなたはそのような幸せを感じたことがありますか。それは、どんな時でしたか。その経験について話してください。

3. 表現活動のヒント
k) タナカさんは、このインタビューの後、ボランティアとして「こそあど ぐるん」で、毎週土曜日に働きたいと思いました。そのことを小川さんに問い合わせるためにどんなメールを書くでしょう。インタビューのおれいと、その後どんなことを考えたかも含めて、タナカさんの立場から、小川さんにメールを書いてください。(400字程度)
l) 下の会話を完成させてください。

A:「こそあど ぐるん」は、何年にできましたか。
B:___________________________

A:「こそあど ぐるん」は、どんなメニューがありますか。
B:___________________________

A: ちかてつの駅から、「こそあど ぐるん」に行きたいのですが、どう行けばいいですか。
B:___________________________

handout_20190515-2.png


文字サイズ+拡大 ±標準
  • プリント

Page Top