くりっくにっぽん活用術

イルカとどうやってコミュニケーションをとる?

執筆:西村パーク葉子

話題/目標:グローバルな課題を理解する、気持ちや考えを伝えあう、自分と身近な人々、自然環境

2018.09

文字サイズ+拡大 ±標準
  • プリント
目 標

動物と人間の関わり方や自然環境について考える

対 象 高校生レベル以上
日本語レベル 上級レベル
準備するもの

手順

1. 内容理解のための質問
a) 奥山さんの仕事は何ですか。
b) いつ、魚にきょうみを持ち始めましたか。
c) 専門学校で、どんなことを学びましたか。
d) 夏休みのアルバイトは、奥山さんにとって、どのように意味のあるものでしたか。
e) 奥山さんたちは、イルカとどのようにコミュニケーションをとっていますか。説明してください。
f) 奥山さんは、どんな時、心が通ったと感じると言っていますか。
g) どうして、イルカは人間みたいだと感じるのでしょうか。

2. ディスカッションポイント
h) イルカは頭がいい動物だということは、どうしてわかりますか。この記事の中からそれがわかる箇所を選んでください。
i) あなたは、動物と心が通ったと感じたことがありますか。どんな時にそう感じましたか。
j) 奥山さんは、どうしてイルカと心が通うようになったと思いますか。
k) 奥山さんは、この仕事をたのしんでいると思いますか。どうしてそう思うか、理由を話し合ってください。

3. 表現活動のヒントとリサーチ
l) ペットをかったことがありますか。その動物と心が通ったと感じたことがありますか。奥山さんに、その時のことを、300字程度にまとめて書いてください。
m) 好きな動物を一つ選んで、つぎのことをリサーチしてください。そして、クラスでプレゼンテーションをしてください。
• その動物は日本語で何と言いますか。
• どこ・どんな所に住んでいますか。
• 何を食べますか。
• どんなとくちょうがありますか。
• 人間とどんな関わりがありますか。
• その他
もしも、リサーチの中で気がついた環境の問題があれば、クラスで話し合ってください。


文字サイズ+拡大 ±標準
  • プリント

Page Top